hoops link pass アプリ開発
株式会社三井住友フィナンシャルグループ 様

hoops link pass アプリ開発

オープンイノベーション拠点「hoops link tokyo」専用アプリ
株式会社ベネッセi-キャリア様 マネックス証券株式会社様

三井住友フィナンシャルグループが運営するオープンイノベーション拠点「hoops link tokyo」のアプリを開発しました。 お知らせやイベントスケジュールの表示、在室者一覧の確認を行うことができるほか、入館手続きを行うためのチェックイン機能を搭載しています。 アプリケーションの他、バックエンドの管理画面やAPI、インフラ構築も行いました。 ※hoops link tokyoのオープンイノベーションサイトはこちら

TOP画面
TOP画面
在室者一覧画面
在室者一覧画面
チェックイン画面
チェックイン画面
クライアント
株式会社三井住友フィナンシャルグループ 様
テクノロジー
HTML5、CSS3、JavaScript(Vue.js)、Monaca、Onsen UI
デバイス
iOS、Android
  • ・入館/退館手続き(チェックイン/チェックアウト)はBeaconの専用端末に近づけて、受信範囲内でチェックイン/チェックアウトのボタンをタッチするだけのかんたん操作
  • ・OnsenUI + Cordova/Monacaによるハイブリッドアプリ開発でiOS、Androidに対応
  • ・バックエンドはAmazon Web Serviceを様々な機能を利用し、サーバーレスな環境を実現
  • ・管理機能はVue.jsとAPIで非同期にて連携をさせて必要な情報や処理をさせて構築

プロジェクトについて

入館手続きと情報発信のためのデザイン

「hoops link tokyo」に入館/退館する際は、受付で専用端末にアプリ起動中のスマートフォンを近づけて、画面をタッチするだけです。 入館手続きをわかりやすく、また各種情報を手に入れやすいようなUIに加え、施設全体の雰囲気とマッチさせたUXを体感できるデザインにこだわりました。

OnsenUI + Cordova/Monacaによるハイブリッドアプリ開発

アプリのUIフレームワークとしてOnsenUIを採用。細かなチューニング、パフォーマンス対応も行い滑らかな動き、ネイティブアプリと遜色ないUIを実現しました。 また、Cordova/Monacaを使用し、HTML/CSS/JavaScriptでアプリを構築することにより、ワンソースでiOS/Androidに対応し、メンテナンス性にも配慮しています。アプリとBeacon機器との連携もCordovaのプラグインを利用し、Beacon機器へ近づいたかとどうかを電波レベルをもとに入退館の手続き可能かを判定し、入退館処理を実現しました。

AWSサービスをフル活用したバックエンド環境

AWSの様々なサービス(CloudFront、APIGateway、Lambda、SNS、DynamoDB、Cognito)を利用し、サーバーレスなバックエンド環境を構築。CongnitoではFacebookと連携をさせ、アプリでOAuth認証をさせて利用する仕組みでユーザ登録処理をしております。

目的・背景

三井住友フィナンシャルグループが運営する「hoops link tokyo」が一周年を迎え、さらにオープンイノベーションを促進するべく、ユーザー同士の交流を行いやすくするための機能を備えたアプリケーションを開発しました。 入退館時に使用するほか、イベントスケジュールや、現在入館しているユーザーを確認することができ、運営者からのお知らせもプッシュ通知で届きます。

実績

三井住友フィナンシャルグループが運営する「hoops link tokyo」が一周年を迎え、さらにオープンイノベーションを促進するべく、ユーザー同士の交流を行いやすくするための機能を備えたアプリケーションを開発しました。 入退館時に使用するほか、イベントスケジュールや、現在入館しているユーザーを確認することができ、運営者からのお知らせもプッシュ通知で届きます。

採用情報

一人一人が仕事に責任を持ち、成果をアウトプットすることが、私たちの価値観です。
エンジニア主体のチームに興味がある方は、ぜひアシアルにお越しください。一緒に大きな仕事を作っていける仲間を、心待ちにしています。

お問い合わせ

製品やソリューション、システムコンサルティング等に関するお問い合わせはこちらから。