Firefox

Safari

Chrome

Internet Explorer

サービス

お見積り・お問い合わせ

各種サービスに関するお見積り、お問い合わせはこちらから

パフォーマンスチューニング

Webサイトが重い、見えないなどの問題に対して、プログラム処理を高速化、サーバーにかかる負荷を分散するなど適切な負荷対策を実施します。

パフォーマンスチューニングとは?

データの量が多すぎて処理が重くなる、ユーザーのアクセスが殺到するなどの問題を抱えたときに、大量のデータを扱うWebアプリケーションがサービスとしての品質を保つためには、サーバーにかかる負荷を分散し、処理を高速化しなくてはいけません。
パフォーマンスチューニングとはより少ないリソースでより高速にアプリケーションの処理を確保するための対策、負荷対策とも言えるでしょう。負荷対策と言っても、高速な処理を実現するためのアプローチは実に多様で、ハードウェアからコーディング手法まで幅広い知識が求められます。

Top

パフォーマンスチューニングが必要とされるケース

例えば、こんな経験したことはないでしょうか?

  • 特定のページの処理が重い、見えない
  • アクセスが集中する特定の時間帯だけ処理が重い、見えない
  • 処理が止まる、処理結果が異常、サーバが止まってしまう

上記は「高負荷」と認識されることが多いケースです。

逆に、下記のようなアプリケーションはユーザーの満足度を大きく向上させ、サービスとしての大きな信頼を得ることに結びつき、結果として、平均PVの増加、顧客の継続率が高くなる(リピートユーザーの増加)、如いては全体のページビューの増加に繋がります。

  • あらゆるページがサクサク表示される
  • アクセスが集中するケースでも処理が早い
  • サーバーが安定して稼動している
Top

快適なパフォーマンスを得るためには

快適なパフォーマンスを得る1つの手法としては、サーバーの台数を増やしたり、性能を上げることが挙げられ、高い効果を発揮します。
一方、サーバーの台数を増やすだけではなく、より効率性を重視した施策がパフォーマンスチューニングです。これは、冒頭にも上げたように「より少ないリソースで、高速にアプリケーションを動かすための対策」なのですが、資源を有効に活用できるため、長期的に見た場合コストをより低く抑えることができる点が大きなメリットとなります。
もっとも良い状況は、適切なサーバーの台数、性能の高さに加え、パフォーマンスチューニングの対策も万全であることで、このようなケースでは、高い品質のサービスが提供できます。
負荷対策がしっかりとできていると、例えば、どこかでサービスが紹介されたり、口コミで広がり、アクセスが急上昇するケース、サービスとしての真価が問われる時期に十分対応できます。逆に、サービスとして成長する可能性が最も高まる時期にサーバーが落ちてしまったり、素早く処理ができないと、大きなチャンスを逃してしまうことに繋がりかねません。

Top

パフォーマンスチューニングのポイント

パフォーマンスチューニングのポイントは数多くありますが、大まかに下記の処理への対策が必要となります。

  • CPUに高い負荷のかかる処理
  • データベースに対する処理
  • ネットワークに対する処理
  • ディスクに対する処理

実際、具体的な対策を実施するとなると、その手法は数多くあるのですが、次のような手段が有効となります。

  1. コーディングによる対策
    適切なSQL文、不必要なループ処理などの見直しなど。
  2. 処理の構造による対策
    ※出力キャッシュ、クエリキャッシュの有効活用など。
  3. サーバ側のソフトウェアによる対策
    ※サーバ管理 - セットアップ、設定などの見直しなど。
  4. クラスタリングによる対策
    ※複数台のサーバを束ねることで負荷を分散したり故障時のリスクを分散するなど。
Top

アシアルの提供するパフォーマンスチューニングコンサルティング

アシアルの提供するパフォーマンスチューニングは、「適切な負荷対策」を軸として、トータルに実施することが特徴です。
どれだけ最善のパフォーマンスチューニングを実施しても、十分に処理できないこともあり、その場合、適切なサーバー台数と性能を判断する必要があります。
基本的には、コーディング、処理の構造、サーバーソフトウェア、クラスタリングなどをベースに実施していきますが、それに留まらず、お客様の状況に合わせて、サーバーの性能、台数などまで考慮し、より幅広い視点で対策を実施します。

  1. アクセス数などアプリケーションの処理状態を確認(状況の把握)
  2. 適切なサーバーの性能、台数の見積り-適切なマシンの性能、台数の推薦。(※ クラウド環境への移行を含む)
  3. パフォーマンスチューニングの実施

Top

PHP開発補助製品

  • SSLモバイル
  • JpGraph

Webサービス&携帯サービス

  • Monaca
  • PHPプロ!
  • OnsenUI